ワインは時間をかけてじっくり飲みたい時も、軽く一杯飲むときにも豊かさを感じられる味わいの飲み物です。そんな甘口ワインと辛口ワインとではどのようなところに違いがあるのかについて探ってみましょう。

ワインの甘口、辛口は何が決め手?

まず、ワインは何をもって甘口と辛口に分けられるのでしょうか。
辛口といってももちろん香辛料が加えられているわけではありませんし、全く同じブドウ品種から甘口から辛口まで造ることができます。
それでは、どこが甘口と辛口の決め手となるのでしょうか。
ワインは「ブドウ果皮などに含まれる酵母菌が果実の糖分を食べることでアルコール発酵が起きる」そしてお酒となります。その酵母菌が糖分を食べ切ってしまえば、甘味のないワイン、つまり辛口ワインとなります。
途中で酵母菌の働きを抑えて糖分を残すと、甘味のある甘口ワインとなります。
つまり、甘口か辛口かどうかはワイン中の「糖分の残量」で決まるといえそうです。

甘辛度の段階と調整

大昔と違い、醸造技術が発達している現代では、酵母の働きを熱で抑えたり、遠心分離で取り除いたりすることができるため、甘辛度をある程度まで目標とするところまで調整することが可能です。
ワインの辛口は、甘味の少ないスッキリとした味わいのことを指しています。
甘口は甘味をまろやかに感じる程度の控えめなものから、コクがあり、はっきりと甘味を感じる貴腐ワインやデザートワイン・アイスワインのような極甘口まであり、甘さや辛さは醸造家の力の見せ所で、微妙な段階に味わいの調整をすることで、美味しいワインが出来上がります。
大手ワインサイトのイオンでは、甘口の赤玉ポートワインから世界の人気辛口銘柄のワインまで本体価格480円からあり、幅広いワインのご用意があるようです。
サイトはさまざまなタイプのワインで構成されていますので、一度のぞいてみられてはいかがでしょうか?